2017年7月19日

2016夏のワークショップの成果を学会発表しました

卒業生である1期生のみなさんが、コース2年目の夏のワークショップで実践した
ecological studyの成果を学会発表しました!
ワークショップ終了後も、コツコツと考察を重ねた成果が一つ形になりました。
引き続き、論文化を進めてくれています。


活動業績のページも更新しました。

山田直樹, 柏浦正広, 河野通大, 竹之下博正, 茂木千明, 片岡裕貴, 熊澤淳史, 清水さやか, 耒海美穂.
重症・死亡例の救急搬送における現場滞在時間と夜間受入れ病院数の関連.
第20回日本臨床救急医学会総会・学術集会、O19-6(D)、東京、2017年5月.